避難とbag


多摩川近辺に住んでいるので、今回の台風には参りました。

台風で気付いたことは

「大雨での避難と地震による避難は異なる」ということ。

当然なんだけど、まったく考えたことが無かった。

私の住む地域では、まず避難場所が違う。

近くの学校が避難場所だと認識していたけど、大雨による避難は、もっと高台の別の場所になるんです。知らなかった。

挙げると色々と違いがあるんでしょうけど、

私はこんな仕事をしているので「避難する際のバッグ」という視点で感じたことを。

まず、「容量」

ネットで調べると避難所に避難する際の持ち物がリストで出てきます。

優先順位を付けて、荷物は少ない方が良いと思いますが

なんだか全部必要な気がして、増えていく荷物。。

一日で家に帰れるとは限らないからです。

リュックは必須ですが、よほど大きなものでないと全ての荷物は入らないんじゃないか

と感じました。

今回は近くの親族の家に行くだけだったので、色々と削れました。

それでもリュックだけでは足りず、ボストンバッグも追加。

家族がいればもっと増えますよね。

※backboneとpatagoniaのボストンバッグ。

次に「素材」と「機能」

地震を想定して防災用に持ち出すバッグを準備している方もいると思いますが、「素材」や「形」を今一度確認してみてください。

地震の場合と違って大雨で避難する場合は、リュックもボストンもなるべく防水仕様のものが必要になります。

雨がドバドバ中に入ってしまったり、水を含んで重くなるようなバッグは使えない。

なるべくバッグ自体が軽くて、丈夫で、水に強いもの。

そして口が完全に閉じられるもの。

大雨の中、歩いて移動することを考えると当然ですけど

意外と適したものを持ってなかったりします。

無い場合はリュック用の雨カバーを用意しておくと良さそうです。手持ちの場合はビニール袋にバッグごと入れる。ただ、それだと持ちにくくなりそうですね。。

※montbellのリュックカバー。アウトドア用のリュックでも完全防水のものは少ないと思います。でもコレがあるとだいぶ違う。

Twitterを見ると、避難所はすぐに満員になっていたようです。

避難所は多くの人が集まります。

貴重品を肌身離さず持っておくため、サブバッグも必要です。寝てる間もバッグ装着。

ファスナー等で口を閉じる事ができ、寝る時も邪魔にならないよう、あまりかさ張らない物が良さそうです。

※ウチの商品だとsacocheでしょうか。

ウエストポーチや収納機能のある腹巻とか良さそう。

近年はアウトドアブームで、機能的なバッグを持っている方は多いと思います。

避難することを想定して、自分の持っているバッグに必要なものを入れてみるのもオススメです。足りないものが見えてくるかもしれません。

kirahvi9も足りないものが見えてきました。

軽量で丈夫で雨に強いボストン

作ってみたくなりました。


 © 2019.illlit studio.

  • Grey Instagram Icon
  • グレーTumblrのアイコン